人気ブログランキング |
タグ:war ( 32 ) タグの人気記事
☆憲法記念日に思うこと
f0003174_155406.jpg

■憲法第2章第9条
   戦争の放棄
 条文
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、

  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、

  国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する
 
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
 
  国の交戦権は、これを認めない

※私の終戦

8月11日の久留米空襲、罹災続いて終戦。頭の中は混乱しっぱなしでした。今だって
どんな気持ちだったかわかりません。

ただ 11日からの夏休みも防空壕で過ごせるようにと、机など持込み、電燈を引いてもらっていた 矢先、8日の筑紫野駅を襲ったB29・艦載機によつて,学徒動員で西鉄に勤務していた姉が亡くなったのです

それからが大変でした。遺体引取りも敵機来襲の中安置された、川原まで、父と隣組の
かた達が連れに行って下さいました。

家に着いたのは夜中。ローソクも立てられず、線香を短く折ってのお通夜、
11日は3日参りでお寺まで・・・帰り着くと家は跡形も無く、
気が付いたときは、母は妹を乗せた乳母車、私は、お寺の大布団を抱えていました。

それからは、どうせ避難するならと、野宿をしました。
終戦まで3・4日でしたが私の一生の内で一番長かった日です

親子寄り添って、一生懸命、勝つことのみを、信じて過ごしたことは 
なかったと思います。今は懐かしく思い出して居ます

その両親も姉の所に行き、馬鹿げた戦争の事、話しているでしょう。
可哀相な姉、一度も楽しい思いが出来なかった姉、それが、犬死でなかった事を
祈りたいです。

その為にはこのような犠牲者を作ってはいけないのです。
思い出は私だけで充分です。

☆体験させないで下さい。 憲法が改悪されないことを、願います

■これは8月15日の思い出として同窓会誌にコメントした文です。少し訂正しました。
by piko4438 | 2006-05-03 16:59 | Comments(20)
12月8日
ブログを立ち上げたら・・・私が1番に書きたかったのは、心のキズと申しましょうか、戦時中の思い出です。

最初は同窓会からのテーマーで終戦の思い出でした。ハガキ2枚に書き送りましたところ発起人の目に留まり、次々と思い出すまま投稿したのが同窓会誌に載ったのをはじめ、鳥栖すみかにも載せていただきました。

それで戦争体験者として いかに戦争が虚しいものか、時・折々心の引き出しを開けながら、書き伝えたいと思います。

で第1回目を12月8日とします。
 その日は小学3年の時でした。日本がアメリカという大国と戦争始めたのです。大東亜戦争と言いました。

映画の話をよくしてくれてた父は日露戦争に従軍したそうで、行軍の時転んで竹が膝に刺さり傷が残っていました。でもなんだか楽しそうに話していた記憶があります。その父がこの戦争は必ず勝つ 日露戦争も勝ったんだからと、私達子供に話していました。

こんな事がありました。シンガポール(昭南島)が陥落した時 組に2個ボールが配給になりました。シンガポールを指せた人にあげると言われドキドキして私の番を待ったんですが、前のひとが当ててしまつて、がっかりしたものです。今もボールを見るとその時の情景を思い出します。
欲しがりません勝つまでは、と子供達までも呪文のように唱えて不自由な暮らしをf0003174_21441071.jpgしていました。

そんな時も過ぎ私達が6年生になる頃は、戦局も怪しくなり、本土空襲が激しくなりました。
学校から帰るときは上級生が下級生を引率して、町内の入り口まで来ると母達が迎えに来てくれました。丁度今の子供たちと同じですね。・・・何時の世も子供たちが犠牲にならなきゃならないのでしょうか。

世界中の子供たちが 早く安心して暮らせる世の中になる事を心から願っています。
by piko4438 | 2005-12-08 21:47 | 忘れまじ(war) | Comments(5)