☆NO3 柄遊び
  左右共 中心のモチーフから編み始めました。
  糸を色々替えて見るのも楽しいですよ。

  特に右はモチーフの分を毎段替え、周りを黒でしめたら如何でしょうか?
  ベストに作られても良い作品です。

   お試し下さい


f0003174_6131238.jpgf0003174_6134331.jpg



  
[PR]
# by piko4438 | 2005-12-13 06:32 | ニットルーム | Comments(0)
忙しいワン”
f0003174_6142379.jpg

大好きな材木が手に入ったの で爪楊枝作りに専念します

1時間くらいで出来上がりそうです。

一番好きなのはかまぼこ板です。此れは最高”

生後4年になりますが、厚紙・木・等々噛み砕きます困ったものです。
[PR]
# by piko4438 | 2005-12-12 06:28 | ペット | Comments(1)
sizuyoさんの作品
おん年80うん才のおばあちゃんが、曾孫さんのために、一針一針健康で育つようにと楽しみながら編まれました。やれば出来るものですね。目的があることは元気の秘訣と思いました。心もすご~く綺麗な方です。私も近づきたいと思っています。
f0003174_6354493.jpg


   釦見えますか?可愛いでしょう”(あんぱんまん)
[PR]
# by piko4438 | 2005-12-10 06:40 | Comments(2)
12月8日
ブログを立ち上げたら・・・私が1番に書きたかったのは、心のキズと申しましょうか、戦時中の思い出です。

最初は同窓会からのテーマーで終戦の思い出でした。ハガキ2枚に書き送りましたところ発起人の目に留まり、次々と思い出すまま投稿したのが同窓会誌に載ったのをはじめ、鳥栖すみかにも載せていただきました。

それで戦争体験者として いかに戦争が虚しいものか、時・折々心の引き出しを開けながら、書き伝えたいと思います。

で第1回目を12月8日とします。
 その日は小学3年の時でした。日本がアメリカという大国と戦争始めたのです。大東亜戦争と言いました。

映画の話をよくしてくれてた父は日露戦争に従軍したそうで、行軍の時転んで竹が膝に刺さり傷が残っていました。でもなんだか楽しそうに話していた記憶があります。その父がこの戦争は必ず勝つ 日露戦争も勝ったんだからと、私達子供に話していました。

こんな事がありました。シンガポール(昭南島)が陥落した時 組に2個ボールが配給になりました。シンガポールを指せた人にあげると言われドキドキして私の番を待ったんですが、前のひとが当ててしまつて、がっかりしたものです。今もボールを見るとその時の情景を思い出します。
欲しがりません勝つまでは、と子供達までも呪文のように唱えて不自由な暮らしをf0003174_21441071.jpgしていました。

そんな時も過ぎ私達が6年生になる頃は、戦局も怪しくなり、本土空襲が激しくなりました。
学校から帰るときは上級生が下級生を引率して、町内の入り口まで来ると母達が迎えに来てくれました。丁度今の子供たちと同じですね。・・・何時の世も子供たちが犠牲にならなきゃならないのでしょうか。

世界中の子供たちが 早く安心して暮らせる世の中になる事を心から願っています。
[PR]
# by piko4438 | 2005-12-08 21:47 | 忘れまじ(war) | Comments(5)
ショートケープno2
今日は寒かったですね。此処から見える周囲の山々もうっすら雪化粧です。こんな時は、このようなケープは如何ですか。長編みにロングファーを絡めて編んでいます。

右のマーガレットはやわらかい糸で米編みです。優雅に着こなしてください

f0003174_21295721.jpgf0003174_21303977.jpg
[PR]
# by piko4438 | 2005-12-06 21:33 | ニットルーム | Comments(4)