☆久留米空襲(家が焼かれた!)
8月11日 酷暑 あの日もそうでした。

8月に入り、戦争体験を書こうか、どうか、随分迷いました。
去年は、そのために立ち上げたブログだからと、思い出すまま書いたのですが、
皆様の反応にとても勇気付けられました。

ドラマでしか知らない人が増えてるなか、お父さん、お母さんのお話にも
しっかと受け止められてる事が判りました。

でもこれが、孫 曾孫の世代になったら・・・
どのように受け止められるか、その証拠に、まだまだ
世界中何処かで、一握りの指導者の下、私達と同じ経験を、積み重ねてます。

テレビも、映画もカラーで放映されると、ただのドラマと思えるのは、私だけでしょうか・
悲しいことに、心の中をどのように表現していいかも判りません。

今は廻りに体験者が居られますので、話も通じます。
でも何処かの総理みたいに、ドラマの主人公気取りでは、
やはり人間飢えて見ないと、究極の痛みは、
解らないんでは、なんて僻んでも見たくなります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
夕方我が家から、広沢虎造の浪曲が~~~声の主は姉です。
風呂に入ると、口三味線で、語り始めるのです・・・

道行く人も立ち止まって 又は~ちゃんじゃろう!!としばし家の前のバンコ(縁台)
に腰掛、世間話をしていかれます。そんな平和な時も有りました。

でも戦局が、厳しくなると、皆そそくさと急ぎ足、戦争の話はタブー
口数もドンドン少なくなって、ただ何かに追いかけられてるような毎日でした。

親子でも、壁に耳あり、障子に目あり、とか云って、本当の話は知りませんでした。
この頃、玉砕と言う言葉も知りました。

母は男の子が居ないから、姉が戦闘隊員として、西鉄に勤めに行ったことを誇りに
してたようです。艦載機で撃たれて、亡くなった時は、戦死と言われ、それでも
国のために、亡くなったんだと、思ってたようです。
本当の心は、今でも解りません。

そのように、男でも病気で、兵隊に行かれないと、こっそり隠れて生活されてました。
オカシイ時代でした。それも後から解ったんです。オカシイということが、
国の為この言葉は、私達には魔力でした。

6日広島原爆・8日姉の戦死・9日長崎原爆・11日久留米空襲で罹災・15日終戦短期間で一生分の体験をしたようです。

一庶民の戦争体験をタグWARに書いてます。宜しかったらご覧下さい
[PR]
by piko4438 | 2007-08-11 11:16 | 忘れまじ(war) | Comments(12)
Commented by Vavi at 2007-08-11 17:48 x
明後日、13日に田舎へお墓参りに行きます。
4月に亡くなった叔父の初盆、赤ん坊の頃に預けられていた藪母ちゃんの初盆です。
普段は忘れていますが、父の兄は戦死しています。
父に上の学校に行け、と諭してくれ、祖父ちゃんや他の兄弟を説得してくれた人です。その戦死した伯父がいなかったら、父は田舎で漁師をしていたそうです。
普段は、記憶からほとんど消えていますが、
仏壇の上の写真の顔しか知りませんが、お墓参りの時に思い出します。
Commented by gotenn17 at 2007-08-11 20:29
こんばんは。 今日は実家へ二男も帰省していたので一緒に行ってきました。 昨日のドラマ「はだしのゲン」の話が話題になりました。 そしてその話から両親の戦争体験の話へと。 息子が耳を傾けている姿に妙な安堵感を持ち、そして両親の歩んできた歴史をあらためて認識するとともに父が背負っている戦争、母が受けた戦争、これらを思うとこうやって元気でいてくれている事へ感謝すると共に日本の戦争の歴史をしっかりと認識してかないといけないと痛感しました。
Commented by yokowatt at 2007-08-11 21:02
pikoさん、大変な経験をなさったのですね。
お家を焼かれて、お姉さまを亡くされて、辛かったですね。
こんな辛い思いを日本国民が背負わされたのに、今、
日本はちょっとおかしな方向に向きかけていますね。
戦争反対を叫んできたのに、またまた一握りの人たちが
舵取りを誤りそう。日本の行く末はどうなるのかなと思うと
暗澹たる思いにかられます。
Commented by ko-ko-ro3 at 2007-08-11 22:50
ことあるごとに戦争体験の話をしていた母ですが
近頃は、そんなことあったの?って顔して、
すっかり忘れてしまったようです。
そうやって体験した方が高齢になり、亡くなったり
忘れてしまったり段々少なくなってきます。
どうかpikoさん、この時季だけでも迷わず語りついで
いってください。
父も徴集されたのですが病気で帰されたと聞いてます。
そんな父から一度も戦争の話を聞いたことはありませんでした。
やはり後ろめたさがあったのでしょうか~
今となってはわかりませんが・・
Commented by mintohanakikyo at 2007-08-12 06:54
我家は、父が満州に居たようです。母も殆ど話しません!pikoさんの様に大変な思いをされた方とそうでない者とが有るんですね!
「はだしのゲン」を少し見ました。
平和なんだと朝の晴れた空を見て思いました。
Commented by piko4438 at 2007-08-12 14:14
♬vaviさん
おじさんの事、そんなに、心に留めてくれて、私まで
嬉しく感じまてすよ。何時もおじさんのお陰と言ってるもんね。きっと心通じてるよ。
それに育ての?親の藪母ちゃん心優しい息子、きっと喜んで居られますよね。

偶然とはいえ、お参りに行かれて、又初盆も
行くんでしょう。その様な優しいvaviさんとメル友に
になれたことも、偶然感謝です。
暑さにぶっ倒れんように・・・祈ってます。
Commented by piko4438 at 2007-08-12 14:23
♬gotennちゃん
何時も励ましてくれて有り難う
云い残して行く子供も居ませんが、こうして書き残す
事を、真摯に受け止めて下さってありがとうございます。
子の代・孫の代このような、
経験はしない方が良いに決まってます。
それより、何も知らないとこで、何が起こってるか?
これが一番怖いです。
   まだ戦争映画、見れません・・・これが心の傷
でしょうか・・・
Commented by piko4438 at 2007-08-12 14:31
♬yokowattさま
世界は1つそうよね、戦後電々公社で、AFコールの仕事
してました。
若い陸軍の兵隊さん、とても優しくて、こんな人達と
鬼畜米英とばかり戦争やってたんですよね・・・

一握りのわからずやのため、どれだけ犠牲者が出たのでしょうか、何も知らない子供たちまで巻き込んで・・・

Commented by piko4438 at 2007-08-12 14:38
♬kokoro様
お母様忘れたんじゃ無く忘れたいのかも
知れませんよ、お父様の事良く解ります。
我が家の前に体の弱いお父さんが居られました。
徴用されましたが、その夜のうちに・・・

世の中すべて頭までおかしくなってました。
このような豊かな生活が出来るとは思っても居ませんでした。姉に、お腹イッパイ、ご飯食べさせたかったです。
Commented by piko4438 at 2007-08-12 14:45
♬minntoちゃん
あなた達のお父さんはそうでしょうね、
一番犠牲が大きかったのかも、

私の従兄弟は一人息子で、体の弱い母残し戦場え
父に跡の事しっかり頼んでました。
そのまま帰りません。おばさんは寝込んで誰にも見取られず逝きました。

国は何の援助もしないんですよ。
どうやって生きれと言うんでしょうか?
Commented by mintohanakikyo at 2007-08-12 16:07
子どもにね!私自身は経験は無いけれど
戦争は駄目だと言うています。
何かに欲呆けて欲しいものを取る手段、取って何が得られたのでしょうね!
無くなった物の方がはるかに多いです。
争そい事は、駄目だと言い過ぎたので人を傷つけることは無いのですが
少々のんびりな子どもに育ちました。
長男の嫁ちは、一番が好きみたいで
孫が私から見たら可哀相に思います。
Commented by piko4438 at 2007-08-13 16:47
♬minntoちゃん
何でも一番が良いに越したこと無いけど
その子が何が好きかと言う事が大切と思います

今吉井から帰ってきました。其処の孫凄く書道が
上手いんです。 先生曰く、誰か親、」兄弟にその
DNAが有るんじゃ?だそうです。

私もそう思います。どんなに努力しても、上手くならないものありますね、・・・これは天性の物と思います。
お嫁さんキット素晴らしい方と思いますよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 夢 ☆今日のドツト >>