☆8月8日の終電車
1995年10月5日
作者の田熊正子様より頂いた童話です。

西鉄大牟田線の最終電車に
筑紫駅の手前から乗った少女の物語です。

筑紫駅に近づくと・・・
「あたしのお弁当箱、チューリップのお花の絵のついた、お弁当箱
取ってくるから、一寸待っててくれない」・・・・・・

「お弁当箱?」
それがどうしたんかいと、車掌さんは思いました。

「でなにかい、あんたのお弁当箱を何処に置いてきちゃったの?」
「ほらあそこ、川のそばの林のなか・・・・」

少し臨時停車してそのまま大牟田まで・・・
その女の子は、お母さんと一緒に大怪我をして亡くなられていたのでした。

8月8日怪我した人亡くなられた人、其処に集められていたとの事です。

※筑紫駅の待合所の保存合わせ、平和の大切なことを忘れない為に
このお話を皆で力をあわせて、1冊の本にすることが出来ました。
と結んであります。
f0003174_14105235.jpg

※3冊とも戦争体験者の寄稿本です
上 鳥栖市郷土史(栖)
中 明和会同窓会誌
下 久留米南筑中学高良隊手記
f0003174_14193123.jpg

 f0003174_14245719.gif書いても、書いても、書き足らない でも何とか伝えたいとの思いで書いてます
コメント返しも読んで下されば、少しでも、戦争の悲惨さが伝わらないかと思ってます。
戦争は殺人じゃないと言われますが、そんな大義名分は無いと思います。
[PR]
by piko4438 | 2006-08-09 14:31 | Comments(14)
Commented by whitececile at 2006-08-09 15:07
きょう、NHKでおかあさんの胎内で被爆し、生まれつき知的障害と身体の障害を抱えながら47年の生涯を終えた青年のことを放送するらしいです。死後の解剖の結果、彼の脳の重さは同年代の平均の75%しかなかったそうです。普通に働けなくなったことへの無念さ・・・・・

辛いでしょうけど、、こうやって、戦争の悲惨さを伝えていくのは生きていけるものの使命・・とでもいえるのではないでしょうか・・
Commented at 2006-08-09 15:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ko-ko-ro3 at 2006-08-09 15:53
先日機会があって「ヒトラー~最後の12日間」という映画をみました。
ヒトラーの秘書だった女性の回想録に基づいて制作されたそうですが
この女性は何とか生き延びましたが最期まで後悔(秘書になったことを)しない日はなかったと・・
知らずに秘書になったとはいえ被害者であり、加害者に・・
たった一人の指導者のために多くの人々が振り回され、命までも奪われたこと・・改めて憤りを感じます・・
それは何処の国でも同じですね・・
Commented by kun9145 at 2006-08-09 15:58
久留米に2度、5~6年住んでいました。
平和で、人の優しさに満ちていた町でも、悲惨な戦争の痕があったのですね・・・。
どんな事があっても、戦争は絶対に反対です。
大切な家族や友人・知人すべての人を失いたくはありません。

お姉さまのご冥福をお祈りいたします。
Commented by karudamon3 at 2006-08-09 21:10
戦争は大量殺人ですよ。
それも国が国民を使って起こしたとんでもないもの。
自分の意思さえ無視された、殺人。
絶対もう繰り返してはならない歴史です。
地球上で絶滅しなくてはならないもの。それが戦争だと思います。
Commented by gotenn17 at 2006-08-09 21:20
こうやってpikoさんが書いて下さる事で、此処に来てブログを読む事で、戦争について改めて考え思い知ることが出来ると思います。 
これも伝える事の大切さの一つだと思います。
Commented by piko4438 at 2006-08-10 08:52
♩Cさま
若い方から、こう云って頂くと、書いた甲斐があります
思い出すこと→伝えること→書くこと→と考え
このwarを企画しました。

テレビの事・・
原爆にやられたら、草木は100年位生えないと聞きましたが、
人間は100年以上続くのではと思えます。遺伝子となって、
恐ろしくなります。・・・・
Commented by piko4438 at 2006-08-10 08:59
♩kokoro様
いつも熱心にお読み下さって有難う御座います
そうです。私たちも、国の被害者と思ってましたら、他国から見れば
加害者です。何事も一握りのバカ政治家のため振り回されてます。

私は「選んどらん」と言ってもそれは、
賛同される人が多いと言うことです。
一人悔しい思いしてます。
Commented by piko4438 at 2006-08-10 09:03
♩kunさま
お帰りになったんですね。何時頃久留米に・・・・
11日爆撃受けたのも書きます。
久留米高女1年の夏でした。今の中学1年より、
凄く大人だったと思いますよ。
Commented by piko4438 at 2006-08-10 09:08
♩karudamonさま
あなた達 若い人に伝えたく書いてます。
バッチリお受け下さつて、感謝です。
あれだけ編みねこちゃんに、こころを移される方ですもの
人の痛みは人1倍感じ取られる事でしょう。
お子様達に この様な人達がいた事、申し送って下さい。
Commented by piko4438 at 2006-08-10 09:17
♩gotennさま
いつも元気付けて下さって有難う御座います。
拙い文構成で思ったこと表現できません。
でも精一杯書かせて頂きます

この1週間に私の戦争体験凝縮されてますから・・・
少しでも多くの方に読んでいただき、この空しさを、
伝えて頂きたいです。
Commented by teamikiraku at 2006-08-10 09:59
3日にもコメントさせて頂きましたが心して読ませて頂いています。
嫌な事をしっかり受け止める強い心がないと、楽に楽に過ごしてしまいます。嫌な事は忘れたいですものね。そして自分には関係ない事、目の前に迫ってきてから考えようって・・・でもそれでは手遅れだったりするんでしょうね。ちゃんと姿勢を正さないと!
Commented by piko4438 at 2006-08-10 11:22
♪teamikiraku様
大変失礼しました。書くことに夢中になりコメント頂いてるの
見落としました。
まだまだ経験されたご両親、友達が居られます。
なかなか実感として掴めないでしょうが、
なにか心に残れば良いと思います。15日迄頑張ります。
見て伝えて下さい。
Commented by piko4438 at 2006-08-10 11:30
♪karudamonさま
3日にもコメント頂きながら、teamikirakuさまに言われ気付きました。
折角良いこと書いて下さってたのに。
此処に来てくださる人全部、ほんとに若いのにしっかり
先を見据えて居られ、此方が教えられます。
日本も何処かの国に振り回されないことを祈ります。
名前
URL
削除用パスワード


<< ☆ 戦争と平和(8月に思うこと) ☆戦争と平和(8月に思うこと)... >>