☆ あの日あの時

2014年 8月 7日 晴天 32度

 その日も暑くて朝からお盆の準備にセドヤ(家の裏の狭い庭です)
 の掃除をしてました

 その時お隣の屋根の間を低空飛行して飛ぶ飛行機を見てました
 もうその頃は成れっ子であれはアメリカの飛行機だったね~と話してたほどです

 その何分か後姉が撃たれているとも知らず
 
 11日我が家の消失15日終戦  あとからその時の情報は沢山知る事と
 成るのですが~~この時は何が起きたのか 如何して~~如何して~~何処に~~

 詳しいことは毎年8月8日頃思いで戦争体験として書き残しております

 せめて年1回でも その時の惨状思い出していただきたく此処に再度書き残します

  学徒出陣の方の記録です 文章出すのも憚られましたが
  今年は少し出させて頂きました  その時の中学生も今は80才を過ぎて居られます
  良い思い出も 楽しい事も  此の時の事をふっと思い出されると
  辛いと思います  でも事実として 残さねばと思います

   
f0003174_1457374.jpg



  毎年の記録の1部です(コメントは思い出をクリックしてお願いします)

    思い出

  ネットからです
   筑紫駅 

   広島原爆にかき消されてますが それからの日本は至る所
   火の海でした  私の姉は戦災に3回遭遇しました~~
   今元気で居てくれるのがせめてもの救いです~~

 此の後追い打ちをかける様に 長崎原爆  久留米空襲(我が家も消失) 終戦と続くのです

  本当に暑い夏  これからがもっと苦しい生活に追い込まれて行きました

  戦争はどんな大義名分が有ろうともやってはいけない事です
  たとえ集団的自衛権でも   話せば解るがその頃の合言葉でした

  

 今世界の何処かで~私達の様な境遇に立たされてる方達も数知れず
 それに子供達が巻き込まれ なすすべは無いのでしょうか?

 その時の私達家族と 重なります

生まれた時から戦争の連続でした  でもこの様な平和を体験出来て良かったです
姉にもあじあわせてやりたかった~~喧嘩ばかりしてた姉妹でしたが~



     
f0003174_15265346.jpg

    

 
[PR]
by piko4438 | 2014-08-07 15:19 | 忘れまじ(war)