☆公衆電話

その頃の公衆電話は街角に立ってましたね
人が一人入れる位のボックス型ハウスです

当時は商売されてる家とか、お金持ちさんの家にしか
電話は普及して無く、おおむね此の公衆電話を利用したものです


局の方は如何なってるかと云うと、お客様が受話器を取ると
公衆台のランプが点きます、久留米は何個有ったか覚えてませんが
1台の交換台で間に合ってたようです

1度に何か所からでも点くと応答が遅れますので隣の方が応援で出ます

どちらえお掛けですか?

OO番お願いします

出ました10円お入れ下さい

チ~~ン 此処でお金が間違って入れられると解るのですよ

5円と10円では音がちがうのです
それも公衆台の担当になって気付きました

その公衆電話が私達の青春のシンボルと云いましょうか
東京のハチ公と同じ役割でしたよ

姿も見えない声だけで、デイトの約束するんです
今ならさしづめメールか、ブログでしょうね

此処の公衆の前に週刊誌を丸めて持ってます
私達には其処が何処かは解る仕組みです

其処で待ち合わせの時間にさりげなく
友達二人と1回素通りします・多い時は2~3人で見に行きます003.gif

OKなら其処でデイト× だったら友達と逃げる訳です
本当に罪と言おうかこんな事して楽しんでました

これが縁で何人も結婚されました
でも交換嬢は声美人?反対の事も多い訳でして

私達は?
さ~て如何したのでしょうそれは来年のゴールデンウイークに


局の方をはじめカメラを趣味にされていた方が多くて
その頃の写真が沢山、有ります、適当な物を見つけてるうちに
またタイムスリップ、歳がいくと昔の事を良く覚えてる 
マツタクソノトオリデス








後ろに見えるのが 京都嵐山の公衆電話
時代劇の邪魔に成らないよう作られたそうです
f0003174_14242521.jpg


当時は此の送、受話器が最新型でした
f0003174_17271648.jpg

[PR]
Commented by usaginotubuyaki at 2011-04-30 16:03
公衆電話にも色々歴史があるんですね・・・・

それがpikoさんの青春に繋がってるようです!
幼い頃 電話がなく 近くのお家の人が「電話ややよ!」
なんて知らせに来てくれました。

だから電話はいつも玄関先に置いてあったです・・・
連絡先に ”呼び出し・・・・様なんて書いてたように思います。
Commented by piko4438 at 2011-05-01 14:10
☆usaginotubuyaki様
毎回お出で下さって有難うございます
メーデーを書こうと思ってましたが
なかなか時間がなくでも今日中にはネ
頑張ります

私も局に入ったころは郷には有りましたが
間借りの家にはなくお迎えさんとこに、勝手に
掛けて来られて困った事が有ります
局だから何処に電話が有るか解るのですよね~
Commented by fusattie at 2011-05-01 16:09
面白いお話ですね~
今なら・・出会い系みたい・・
楽しそうですね~
それで?
pikoさんはデートしたのかしら・・
来年まで待てません~教えてぇ~

嵐山の公衆電話のことも、なるほど~でした。
今もあるのかしら~
Commented by yukiyamama at 2011-05-01 16:44
pikoさんの若い時の張り切って仕事をしている写真を拝見しました~
電話がほとんどの家にあるようになったのはいつの頃だったのでしょうね?
1年後のブログが楽しみです。
お見合いではなく恋愛結婚だったのですね。
Commented by ひーちゃん at 2011-05-01 16:45 x
こんな青春の思い出話 きけるなんて
ぴこさんにゴールデンタイム とれたおかげですね
お二人の出会いも ロマンチックだったのでしょうね
嵐山の公衆電話って京都の嵐山ですか?
私の学生時代とは少しズレがあるかしら
Commented by piko4438 at 2011-05-01 20:53
☆fusattie様
今も昔も青春時代は輝いてますね
何を遣っても許される感じで
随分遊びまわりました、今はその反動で
あまり出歩かなくなりました
久留米局は運用課だけでも100人位居ました
私が辞める頃男性の交換手が5名程は居られました
可愛かったですよ(笑い
Commented by piko4438 at 2011-05-01 21:01
☆yukiyamama様
昔は電話回線が足りなくて申し込んでもなかなか付きませんでした、結婚して申し込んだ時も編み物教室と言って
営業で申し込んでやっと付きました
多分パラボナ回線が開発されて爆発的に増えたようです
その頃は電話局も公社になりました。携帯電話など夢にも
想像できませんでした。
Commented by piko4438 at 2011-05-01 21:08
☆ひーちゃん
私も戦争体験書くつもりで始めたブログでしたが
自分史書くとは思いませんでした
この電話のあゆみも残していて良いかなと思えるように
なりました。
本当に戦争開始から終戦世の中の移り変わりの一番激しい時代を生きてる感じすらしてます
文章が不味くて云いたい事の半分も書けませんが
電話を通して、私の生きてた証しになれば幸いです

此処は京都の渡月橋の側です、若いでしょう!
Commented by yako at 2011-05-02 02:04 x
オバチャンもこんな若い頃があったんだ。ゴメン!学生の頃、まだ自宅に電話が無い頃に100メートルくらい離れたたばこ屋さんのおばちゃんがよく呼びに来てくれた事を思い出しました。
Commented by piko4438 at 2011-05-02 21:11
☆yako様
私が吉井に来た頃は貴女は幼稚園?
Yと一緒に遊んでる写真有りますよ
何時か思い出で見せましょうね~
名前
URL
削除用パスワード
by piko4438 | 2011-04-30 14:18 | Comments(10)